今月の建設現場
本研究施設の耐震補強工事では、研究環境の保全や利用者の利便性、外観、工期および経費の縮減に配慮した耐震改修工事を行うことになりました。これを受けて耐震補強計画では、研究環境への影響が最小となるよう耐震要素を建物外部に配置し、建物内部の工事を不要としています。4箇所のコアウォールのうち3箇所(A,B,D工区)を弊社CBクライミング作業足場およびバリオGT24壁型枠システム(ともに2打設目から使用)により施工を行いました。
LinkedIn
Facebook
Twitter